究極の普通

普通とは、人それぞれの主観で決まると思いますが
普通のコーヒーとは何ぞや・・・
自分の好みでいつも飲みなれているコーヒーが大体一般的な普通ではないかと思う
その根底を覆すような驚くコーヒーに出くわすと「なんとビックリ!美味しい」
なんて思ってしまうのもわかる気もする 
しかし、私は思う、人それぞれ普通は違うと思うが 
実は何に関しても普通が一番難しい 
変わった事をしようと思えば思い切ればいい 
しかし、思い切っても「普通」にはならない 
コーヒーも同様、変わった味、流行りの味、辺ぴな味、極端な味 
変わった驚くことを考えるならば思い切ればいい 
うみぼうず焙煎機.jpg
うみぼうずはそんなコーヒーを目指しているのではない 
「あ~コーヒー飲みたい」と思ったとき頭によぎるコーヒー 
そのコーヒーが究極に「美味しい」そんなコーヒー 
そんな究極に美味しいコーヒーが普通に いつ何時いつでも美味しく飲んで楽しめる 
そのつど鑑定士のごとく神経を研ぎ澄まして
苦みがどうの酸味がどうのと吟味するコーヒーもいいが 
普通に「もう一杯飲みたい」と思っていただけるそんな「究極の普通のコーヒー」でありたい 

うみぼうず焙煎珈琲豆.jpg
その「普通」が一番難しい・・・