美味しさの秘訣のひとつ

うみぼうずコーヒーファンの皆様
いつもありがとうございます
うみぼうずでも、その他ほかのコーヒー豆屋さんででも豆を買って
いつもご自宅で楽しんでおられる方々
その中でも、
「かなかうみぼうずのような味にならない」
「なかなか美味しく淹れる事ができない」
っといた声を聞きます 
そんな方々に 味しくコーヒーを楽しむ秘訣の一つ
うみぼうずドリップ
その一つは「濃度」
「濃いコーヒーが好み」または「薄いコーヒーが好み」
といったように自分で味の変化の調節ができるのも自分で淹れる楽しみの一つ 
ですが、その濃度が美味しく楽しめたりガッカリしたりしてしまう要素の一つなのです
その豆、その焙煎がその濃度にあった美味しさを持っているか 
その豆その焙煎でピッタリ美味しく甘みを感じスッキリと楽しめる濃度を
ご自分の器具でご自分のカップに合った抽出を探り 
その丁度を見つけることができれば よりコーヒーを美味しく楽しめるものと思います
その「濃度」がとても重要なのです 
ただただ闇雲に濃く淹れれれば美味しいのか 
ただただ濃いのが苦手だから薄く淹れたり、お湯で伸ばしてしまったり・・・
お湯で伸ばすのは一つの方法ではあります 
ですが薄くのばし過ぎてしまうとせっかくの旨味も薄まります
コーヒーの香りのする白湯では・・・

そもそも、元のコーヒー豆にその好みの美味しさがなければ 
それらを引き出すことはできません 
その豆、その焙煎によってそのストライクゾーンも異なってきます
うみぼうずのコーヒー豆が皆様に渋み、苦み、甘み、
三球三振!でノックアウト なコーヒー豆であることを願います。