なにしろ ぶきっちょなもんですから・・・

お客様からの手土産で他のお店の焙煎コーヒーを

「一緒に飲んでみましょう!」と言って持ってきてくださる方が多くおいでになります

先日も一杯肖りました

そのコーヒーは、今の流行り?なのか失敗なのか・・・

いやいや、焙煎の意図をヒシヒシと感じるコーヒー豆だった

それは「酸味」というものを全面に出したかったらしきコーヒーだった

「酸味」と言ってもいろんなジャンルがある

一番の大きな違いは「浅煎り」と「生焼け」

この二つの酸味は全く異なる酸味である

うみぼうずROAST COFFEE

初めてうみぼうずへ来るお客様の多くには

「酸味が苦手なんですが・・・」

「酸味のないコーヒーはどれですか?」と言われる

そのたびに思う(いつもどんなコーヒー飲まされているのだろう?)と

そういう方にも私は言わせていただいています

「コーヒーの旨みは酸味にあるのです」と

それらを生かすも殺すも焙煎の匙加減によるもの

あまり見え透いた生焼けのコーヒーって「ブリッ子しすぎでは?」と思ってしまう

やはり、これも好みの問題なのか・・・

「ブリッ子」しすぎているコーヒーは間違いなく冷めると美味しく無くなります

(熱くても美味しくないですけど)

しかし、今のビジネス的に考えるとどうなのでしょうか?

今の流行り?サードウェーブ的な?

そう考えると上手だなぁ・・・と思えたり・・・

 

しかし、

「自分、不器用ですから・・・」

これからも「硬派なコーヒー」で美味しく行きたいと思います。

 

合掌