こだわりの焙煎

コーヒーの豆のグレード(品格)にはそれぞれの国や協会でのルールや基準があり

それらを元に格付けされている

それらは生豆の状態での格付けとなり

焙煎され液体となったコーヒーそのモノとは違う

もちろん味を見極めるため焙煎し、粉の状態、そして液体にしての状態で審査されるのだが

あくまでもその豆の持つ旨みや風味など豆の出来映えを審査するもので

焙煎の善し悪しの審査とは違う

収穫された国や産地が銘柄となり、最近では育てた農園名がグレード化し

いろんな協会からの認証や資格などの付加価値が付けられる豆も多い

しかし、それらはやはり生の状態でのこと

では、焙煎されたコーヒー豆、店でお客様が購入し抽出出来る状態でのコーヒー豆はどうなのか

そうなる過程、プロセス(焙煎)にもルールや基準はあるのか

 同じ豆であっても焙煎する機械などの道具による違いでできあがるコーヒーの表現はまったく違うものになる

はたしてそれらまで同じにしなくてはならないのか

私はそう思わない

同じ会社や宗派、協会内での統一やルールはあるのかもしれない

しかし、一般社会における趣向品でのコーヒーに関して

それらの違いを楽しむべきだと考える

 
UMIBOUZU COFFEE poster

 

 そのなかでもある程度のルールは必要ではあると思う

シナモンローストとはこれくらいの煎度合い

フレンチローストとはこれくらいの煎り度合いという風な暗黙の了解のような基準は必要かと

しかし、その過程における焙煎方法や道具、匙加減はその店、その人それぞれで

仮にそれが半生の生焼けコーヒーであってもそれらの表現の自由は必要なのではないかと

それらを好み、選ぶのは飲む側のお客様にある

決して他のコーヒーを批判するものでもなく他人の好みをトヤカクいうモノでもないと思う

 前回もいいましたが・・・

ただ、最近コーヒー豆のお客様のご注文の仕方にチョット疑問に思う節が多々あり・・・

「酸味の無いコーヒーください・・・」

「酸っぱくないコーヒーはどれですか・・・」

 

うみぼうずではこだわりの焙煎で焙煎しています

ぜひ一度うみぼうずのコーヒーをご賞味ください